音楽を中心に。パクること、それが世界への恩返し。


by stereo-switch

カテゴリ:未分類( 7 )

風を染めることができるのは、香りばかりだ--僕は香りを愛する。
[PR]
by stereo-switch | 2006-03-12 13:36

開始

始めるんだ。
完成にむけて、心を弾ませろ

今ある円を脱け出して、もうひと回り、大きな円を描くんだ。
そして、その動作を繰り返せ

ときには廻り道も必要だ
だが、同じ場所に永くとどまってはいけない
君の何かをだいなしにしてしまう
[PR]
by stereo-switch | 2006-03-12 13:33

2000年ごろ

物を見慣れてしまうのは
僕らにとって自然な傾向であり、
毎日を暮らしていく身としては、これも一種の合理的な知恵なのだろう

この見慣れてしまった物を、
ふたたび、異質なもの、見慣れないものに、押し戻すこと。
それが、僕らがどうあっても必要とする第二の知恵だ。

この種の知恵を、僕は"工夫"と呼びたい。
[PR]
by stereo-switch | 2006-03-12 13:29

ジャズ理論?

ジャズに理論(theory)はない、手法(method)があるだけ。
[PR]
by stereo-switch | 2004-07-29 00:58
藤原義章氏著『リズムはゆらぐ』のなかに、こんな一文があった。
第1拍はフレーズのおわり
よくよく考えると、実にもっともなことだ。安定→不安定→安定のプロセスを、重層的に、異なる周期で行うのが音楽。第1拍は安定。2、3、4拍でもり上げた緊張を、そこで解消する。

そこでだ、カウントを取るときに、
「1、2、3、4、」ではなく、
「5、2、3、4、」
と取ることを提唱したい。
[PR]
by stereo-switch | 2004-06-15 00:47
  • パルスをもつ

パルスをもつことで、フレーズの形が見えてくる、聞き方が能動的になる、などの利点がある。
パルスを感じるには、体の一部をどこか、使うようにしよう。
おすすめは、腹筋です。体の軸なので、楽器演奏のとき、ただちに応用が効く。足でとったりすると、ドラムやピアノの演奏時に差しさわりがある。
[PR]
by stereo-switch | 2004-06-13 20:15

始まる。

朝日が昇って、今日いちにちが始まる。ブログ日和。
[PR]
by stereo-switch | 2004-06-04 05:38