音楽を中心に。パクること、それが世界への恩返し。


by stereo-switch

風を染めることができるのは、香りばかりだ--僕は香りを愛する。
[PR]
# by stereo-switch | 2006-03-12 13:36

開始

始めるんだ。
完成にむけて、心を弾ませろ

今ある円を脱け出して、もうひと回り、大きな円を描くんだ。
そして、その動作を繰り返せ

ときには廻り道も必要だ
だが、同じ場所に永くとどまってはいけない
君の何かをだいなしにしてしまう
[PR]
# by stereo-switch | 2006-03-12 13:33

2000年ごろ

物を見慣れてしまうのは
僕らにとって自然な傾向であり、
毎日を暮らしていく身としては、これも一種の合理的な知恵なのだろう

この見慣れてしまった物を、
ふたたび、異質なもの、見慣れないものに、押し戻すこと。
それが、僕らがどうあっても必要とする第二の知恵だ。

この種の知恵を、僕は"工夫"と呼びたい。
[PR]
# by stereo-switch | 2006-03-12 13:29

97年ごろ

僕らは季節を愛した
僕らはなにかを乗りこえてきた
移りかわりに、乗り遅れまいと焦りながらも
片方の手では、しっかり永遠を掴んでいた

僕らの旅は止むことを知らず
今日も青い空の下で、白々とした月を見ている。
背に当たる陽のぬくもりを感じながら
[PR]
# by stereo-switch | 2006-03-12 13:19 | 雑感

20051020

自転車に乗ること。原稿用紙に書くこと。曲を書くこと。
これらはみな一人でもできる趣味

昔のようには、頭がはたらかない
言葉として理解しようという気持ちが、弱まったのだろうか。
漫画の読みすぎだろうか

何かを理解したいと強く願うこと。それはつまり、他者を発見したいということ


そういえば、僕は、頭の中で、いつも誰かと語り合っていた気がする。
[PR]
# by stereo-switch | 2005-10-20 05:10 | 雑感

20051004

文章に気を配るようになったのが、大学4年間での成果だった

ただ、どのように気を配っているのか、自分でもよく判っていないし、
気を配ることで、実際、質が向上しているのか、それも判らない

僕の文体は、何に向いているんだろう?
自問自答しながら、歩くような文章なら・・・あるいは書けそうな気がする。


僕は、書くときはいつも、自分に似ている誰かに語りかけている
[PR]
# by stereo-switch | 2005-10-04 05:15 | 雑感

20051004

原稿用紙には、ほど良い沈黙がある。僕はそこでくつろぐことができる

書いていたのは、おもに、未来の自分に託した質問状だった
人の理解のために書くのは不得手だった
どうも、理解されたいという気持ちが、希薄らしい

自分が学んだところを、誰かの役に立てようとさえ思わなかった
単なる知識欲で、行動の源泉としては充分だったのだ
[PR]
# by stereo-switch | 2005-10-04 05:00 | 雑感

200510以前

歌詞は状況証拠
歌詞は微分
歌詞は急がない
[PR]
# by stereo-switch | 2005-10-01 05:25 | 作曲

200510以前

変奏を続ける覚悟、
結論なんて、やむをえず手にするものかもしれない。

文章を書く、というのも、その都度、変奏をおこなうことだ
[PR]
# by stereo-switch | 2005-10-01 05:00 | 雑感

20050901

結論はなく、変奏が続く


それが今日の結論
[PR]
# by stereo-switch | 2005-09-01 05:28 | 雑感